2009年12月22日

拡散推奨!ともだちの正体

kanto-daishinsai.bmpお散歩先で発見!

http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=9637

『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』工藤美代子著

要は関東大震災の時に朝鮮人虐殺の真相について書かれた本の紹介。
これは小学館の週刊誌「SAPIO」に連載されていたものが書籍化。

---------------

関東大震災の時に流言蜚語(ひご)に惑わされた日本人自警団が何の罪もない多数の朝鮮人を虐殺した−。

多くの日本人はこの事件にある種の後ろめたさを感じ、きちんと検証してみようとしなかった。

大震災から86年、工藤さんが初めてこの困難な作業に挑んだ。

まず、当時の日韓関係の中で朝鮮人のテロ、日本人襲撃が決して根拠のない流言蜚語ではなかったことを多くの資料・新聞記事から立証。

工藤さんは〈朝鮮人による襲撃があったから、殺傷事件が起きた〉〈テロリストの襲撃から家族や町内を守るのは正義といっていい〉と断定している。

当初は朝鮮人による襲撃事件を報じていた新聞がなぜ途中から事実を隠蔽(いんぺい)するようになったのか。それが、この本の大きなテーマに繋(つな)がっていく。まるで良質のミステリーを読むような面白さだ。

圧巻は虐殺された朝鮮人の数を検証する部分。当時、吉野作造は2613人と書き、上海に亡命した大韓民国臨時政府の機関紙「独立新聞」は6419人と書いた。

今回の取材中、工藤さんはロンドンのナショナル・アーカイブスで朝鮮独立運動派が諸外国の外交官にばら撒(ま)いた謀略宣伝用小冊子を発見した。そこに書かれた数字はなんと2万3059人。

それでは当時東京に何人の朝鮮人がいたのか。政府統計によると東京に約9千人。近県に約3千人なのである(全国で約8万人)。

そして、警察署などに保護された朝鮮人は6797人。

この数字だけからでも虐殺されたとされる朝鮮人の数がいかに根拠のないものかわかろう。

先に挙げた謀略宣伝用小冊子は虐殺の模様をこんなふうに書いている。〈彼ら(日本人自警団や民衆)は朝鮮人を電柱に縛りつけ、眼球をくり貫(ママ)いて鼻をそぎ、腹を切り裂いて腸が飛び出るままにした(以下略)〉

どこかで読んだような記述ではないか。

ぼくが今年読んだノンフィクションのベスト1だ。(産経新聞出版・1890円) 評・花田紀凱(かずよし)(『WiLL』編集長)


【書評】『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』工藤美代子著 (1/2ページ)
2009.12.20 08:33
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/091220/bks0912200834001-n1.htm
【書評】同上(1/2ページ)
2009.12.20 08:33
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/091220/bks0912200834001-n1.htm
---------------<紹介文より>

…(これも)やっぱりな。

細かい部分も知識を集積し、不逞鮮人を黙らせよう!
後顧の憂いを絶ち、明るい未来を築こう!
本国で差別・迫害を受け、日本に密航して来ておいて筋違いな賠償請求、正に外道!
そんなに嫌いなら本国へお引取り頂き、差別撤廃、賠償請求は本国へ訴えるべき輩ですから。

http://jugem.jp/theme/c9/990/
↑「今日の韓流通信 Act3」さんのブログサイト「JUGEM」より『日韓問題』を抽出。

http://jugem.jp/theme/c275/1712/
↑「今日の韓流通信 Act3」さんのブログサイト「JUGEM」より『韓国文化』を抽出。

思想赤化!注意!!毎日、火付けや殺人、強盗、強姦のニュースがUpされているが、「おぼれる犬は棒で叩け」「人の牛が逃げるのは見物だ」「女は3日殴らないと狐になる」の韓流ことわざを地で行く事件ばかり。
あと、韓国人(在日や海外在住含む)の性犯罪の特異性(幼児趣味や近親相姦)なども、まるで毎日変体新聞の英文記事を彷彿とさせる。

支那、朝鮮など特亜は日本人が極悪非道民族のようなプロパガンダを行っているが、つぶさに見て行くとまるで逆。
日中国交正常化の前に、南京大虐殺を捏造した本多勝一(朝鮮人(崔泰英):朝日新聞)が田中角栄より先に支那へ入り注進に及び、村山談話、河野談話への布石となり、今日の土下座外交の元となった。
中国共産党も、捏造の自虐史観を信じた日本人の贖罪意識を上手く外交手段に使い、自国国民の統制のために反日教育を施し、仮想敵国としている。



戦後の朝鮮人は日本人に成りすまして日本の国益を損ねる工作を行っている。日韓併合時代の朝鮮人はトラの威を借るキツネのように、日本人のフリをして悪行の限りを尽くした。満州に入植して現地人を虐待したのは、統制の取れた日本軍軍人よりもチンピラヤクザのような朝鮮人だった。日本軍の憲兵の評判は良くないが、多くは当時日本人扱いだった朝鮮人が占めていた(日本人は郷里毎に連隊を組む。それに組み入られない半島出身者の成り手が憲兵であった)。
フィリピンで赤ん坊を天空へ放り投げて銃剣で突き刺したり、香港の民家へ押し込んで現地女性に乱暴を働いたりしたのも日本の軍服を着ているが、日本人より背が高く獣のように粗野な感じは、朝鮮人だと思われるとの証言もある。

万宝山事件

↑の内容についてはこちら↓

http://resistance333.web.fc2.com/patriotism/japan_korea_merger2.pdf



敢えて当たり前の事を言うけれども、持たなくて良い贖罪意識は持たなくて良いんです。
クドいようだけれども、寧ろ鮮人に恩を仇で返された日本人が被害者だったのです。

こいつ等ウィルスと一緒で、体力落ちたときに暴れだすのは戦後でも同じ。火事場泥棒民族です。

自分より弱い立場の人間に、徹底的に残虐になれる民族、朝鮮人。
ベトナム戦争時、韓国軍が行った民間人への蛮行の数々を知る程に、日韓統合時に日本軍が行ったとされている大陸での蛮行に、疑念を抱かずにはいられない。
この朝鮮人の醜い行為は支那人が日本人がやったとよくいう醜い行為にそっくりだ。

↓推奨
 韓国とベトナム戦争について!
 韓国はベトナムで何をして来たか!
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-571.html
<鉄板ブログ『博士の独り言』より>

韓国軍の強姦や非管理売春により「ライタイハン」と呼ばれる混血私生児が5千〜3万人とも云われている。
かつて旧日本軍は従軍慰安婦(くどい様だが強制連行ではなく職業売春婦)衛生的且つ人道的に扱い、このような混血児を残していない。

鮮人が日本に冤罪を被せて謝罪と賠償を言うならば、実際に加害者の鮮人はベトナムに対して行ったのか?ふざけるな!

萱原白洞「東都大震災過眼録(1924)

萱原白洞「東都大震災過眼録(1924)
後ろ手に縛られて連行される白衣のチョゴリを着た人々が描かれている。
この絵巻は、阪神淡路大震災で大きな被害を受けた神戸市内の家屋から発見された。
<画像取得元:関東大震災と阪神淡路大震災 1923年の日本人による朝鮮人虐殺はなぜ起こったか http://kangaerukai.net/sinsai.htm


いい人に見られたくて責任も持たない博愛主義者は、下心見透かされたサモシイC調ブサメンの様で寒いです。賢明な女性たち、どうぞ焦らし弄んで、最後は愚弄して捨ててやってくださいw
民族対民族、国家対国家とて付き合うべきか退けるか、先ずは知る事から始めなくては。

http://resistance333.web.fc2.com/patriotism/corea_living_in_japan.pdf

特亜の日本や日本人に対する気持ち、本質は今も昔も変わっていない。
知らず知らずにお人好し日本人がバカを見るので、しっかり知識を持つ必要があります。
韓国のことわざと旧日本軍・米軍・ソ連軍の朝鮮人取扱説明書、及び、福沢諭吉の『脱亜論』も掲載しておくので、参照されたし。

↓「韓国 ことわざ」で検索に掛かった2ch記事から抜粋
---------------------------------------------------
1 名前:名無しさんは反省しる 投稿日:2001/09/06(木) 07:22 ID:.P7bMRrk
なぜ隣の韓国のことわざは全く聞かないのだろう?
ふと、そう思い調べたところ。。。凄かったです。
予想を超えた収穫でした。そこでちょっと紹介!

女は三日殴らないと狐になる。
他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。
他人の家の火事見物をしない君子はいない。
弟の死は肥やし。
倭将は病気にかかるほどよい。
盗みも一人でやれ。
梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる。
母親を売って友達を買う。
梨を食べて歯を磨く。(一挙両得)
女房を殴った日に女房の母親がくる。
隠れてみたら捕盗庁の建物だ。

2 名前:1 投稿日:2001/09/06(木) 07:24 ID:.P7bMRrk
耳が落ちたのなら、この次に来て探すさ。
尻から琵琶の音が出る。
三日も飢えた犬は、棒で打たれてもうれしがる。
三日も飢えて塀を越えない者はない。
いとこが田畑を買えば腹が痛い。
音の出ない銃があれば撃ってやる。
鶏糞のような涙。(栃ほどの涙)
鞭も打たれそうで打たれないと名残惜しい。
しゅうとが死ぬようにと合掌して祈った事もあったと、11月12月に素足となって水汲むときに思い出す。
流刑も行きかけて行けぬと名残惜しい。
死んだ息子のちんこに触ってみる。(死んだ子の年勘定)
姑への腹立ち紛れに犬の腹をける。
営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る。
自分の顔が醜くて鏡を壊す。
俺の物は俺の物、お前の物も俺の物。
夜を越した仇はなく、夜を明かした恩もない。
打たれたやつは手足を伸ばして寝て、殴った奴は折れて曲がって寝る。
人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。
刀を抜けばそのまま鞘にはおさまらぬ。
忍の字が三つあれば殺人も避ける。(堪忍の忍の字が百貫す)
死ぬ女が陰部を隠すものか。

3 名前:1 投稿日:2001/09/06(木) 07:30 ID:.P7bMRrk
水に溺れても気を落とすな。
金物を食べた大便は消化しない。
あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを。
家と女房は手入れ次第。
孫をかわいがれば、鼻汁のついた飯を食う。
外孫をかわいがるより、杵でもかわいがれ。
娘は盗人だ。
主にも会い桑も摘む。
ただの物は苦くても甘い。
ただならロバでも殺して食う。
銭は汚く儲けても、きれいに使えばよい。
瓜を栽培する人はいとこも知らぬ。
おばさんの酒でも、安けりゃこそ買って飲む。
肛門が裂けるくらい貧しい。
野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。
ひとつ釜の飯を食べて訴訟を起こす。
盗人は一つの罪、なくした者は十の罪。
虎が犬をくわえて行ったくらいさっぱりした。
姑が死んで初めて。
主人が死んで初めて。
長生きすれば姑の死ぬ日がある。
死んだ子の目を開けて見る。
キムチが飯より多い。(本末転倒)
水車小屋でキムチを探す。(無い物ねだり)

4 名前:1 投稿日:2001/09/06(木) 07:37 ID:.P7bMRrk
「長生きすれば姑の死ぬ日がある。」
    気分が爽快なことに出会った時にいう言葉

「姑が死んで初めて。 」
「主人が死んで初めて。」
    ひさしぶりに心が満ち足り爽快なことをいう

5 名前:1 投稿日:2001/09/06(木) 07:40 ID:.P7bMRrk
他にもたくさん。それは後ほど
意味が分からないのがあれば答えます。

6 名前:名無しさんは反省しる 投稿日:2001/09/06(木) 07:43 ID:eI2oO34k
まじめにこんなこと言ってたら国民性が疑われますね。

7 名前:  投稿日:2001/09/06(木) 07:45 ID:GX.7RpxE
もちろん日本と中国が元ネタの共通のことわざもあるから
これだけではないけどね。

けどひどいなこりゃ。
>>6に同意。

8 名前:名無しさんは反省しる 投稿日:2001/09/06(木) 07:55 ID:jmauJZ9M
俺の物は俺の物、お前の物は俺の物。
ってジャイアンかよ。

9 名前:鬼畜閣下 ◆/Y49hXi2 投稿日:2001/09/06(木) 07:55 ID:8j3rKqm.
みんな酷いが(本当にことわざか?と疑いそうになる)
>俺の物は俺の物、お前の物も俺の物。
ジャイア二ズム全開・・・・・(藁

10 名前:鬼畜閣下 ◆/Y49hXi2 投稿日:2001/09/06(木) 07:56 ID:8j3rKqm.
かぶった・・・・・・鬱だ

11 名前:名無しさんは反省しる 投稿日:2001/09/06(木) 08:50 ID:Gth2iAOc
全部解説きぼ〜ん。
ワケワカラン。(w

12 名前:たけぞー ◆KsF5FhaI 投稿日:2001/09/06(木) 08:59 ID:2U5UIA/Y
つーか、この中に「ネタ」しのばせてない?
なんか、あまりにも変な表現多いいのだけど・・・

おいらも、ほとんどわけわかめ!かいせつきぼ〜ん!

13 名前:名無しさん( ̄ー ̄) ◆GiTFFubg 投稿日:2001/09/06(木) 09:53 ID:qRhzvWKU
>肛門が裂けるくらい貧しい。
キムチばっかり食べているからか?
つーか痛そう。。

もろもろ解説希望age。

14 名前:名無しさん 投稿日:2001/09/06(木) 10:04 ID:tIMm/MAg
さすがにマトモなものもあるんでしょう?

15 名前:棄て ◆L7Vooglk 投稿日:2001/09/06(木) 10:07 ID:2PjEVPmw
うーむ。
選ぶときにバイアスがかかっていると…そう思いたいくらい。

むごい。
頼む、まともなことわざを〜。

『昔、虎がタバコを吸っていた頃』ってのはことわざ…じゃないね。

16 名前:名無しさん@ハン板亡霊 ◆EOI8Momo 投稿日:2001/09/06(木) 10:20 ID:kxy8joos
日本にも残酷(?)な諺があるしなぁ
「他人の不幸は密の味」とか「キジも鳴かずば撃たれまい」とか

私もチョイスの問題だと思いたい・・・

17 名前:REM 投稿日:2001/09/06(木) 10:29 ID:o07O3mBY
韓国のことわざで、
「川に落ちた犬は、棒で叩け」
というのが、なかったっけ?

ことわざって、国民性が表れるからおもしろい。
トルコのことわざに「明日できることを、今日するな」ってのがある。
>>16の例も、日本人なら、違和感ないんじゃない?


---------------------------------------------------
しかし多いですね。
日本にも酷いことわざはあるけど、数と内容は朝鮮人が遥かに上を行く。

では最後に朝鮮人に関する取説。
経験と洞察に裏打ちされた、正に先人の生きた教え。
しかし、日本人は人道的に接してきたのが今日の仇となったと云える。
更に遡る事明治、福沢諭吉の『脱亜論』に記されているように、関わらないのが正解だったといえる。

---------------------------------------------------
朝鮮人取扱説明書

【100年前の日本政府から朝鮮総督府への通達文書 】 

* 朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。

* 朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。

* 朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。

* 朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。

* 朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。

* 朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。

* 朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。

* 朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。

* 朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。

* 朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。

* 朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。

* 朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。

* 朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。

* 朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
---------------------------------------------------
朝鮮人取扱説明書

【米軍による韓国兵の扱いマニュアル 】

* 韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
  
* 命令を聞かない場合は身体で解らせろ。

* 同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。

* 理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。

* 身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。

* 相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。
---------------------------------------------------
朝鮮人取扱説明書

【 旧ソ連共産党による朝鮮人の扱い方 】

* 頭痛の種になるだけだから関わるな。

* 手段を選ばぬキチガイ揃いだから関わるな。

* 関わるとこっちが痛い目に遭うから関わるな。

* 関わってきたらウォッカ飲んで忘る事。
---------------------------------------------------
福沢諭吉『脱亜論』

世界交通の道、便にして、西洋文明の風、東に漸(ぜん)し、到る処、草も木もこの風になびかざるはなし。けだし西洋の人物、古今に大に異(ことな)るに非ずといえども、その挙動の古(いにしえ)に遅鈍にして今に活発なるは、ただ交通の利器を利用して勢(いきおい)に乗ずるが故のみ。故に方今(ほうこん)東洋に国するものゝ為(ため)に謀(はか)るに、この文明東漸(とうぜん)の勢に激してこれを防ぎおわるべきの覚悟あれば則(すなわ)ち可(か)なりといえども、いやしくも世界中の現状を視察して事実に不可なるを知らん者は、世と推し移りて共に文明の海に浮沈し、共に文明の波を掲げて共に文明の苦楽をともにするの外(ほか)あるべからざるなり。

文明はなお麻疹(はしか)の流行の如し。目下(もっか)東京の麻疹は西国長崎の地方より東漸して、春暖と共に次第に蔓延(まんえん)する者の如し。この時に当り、この流行病の害をにくみてこれを防がんとするも、果してその手段あるべきや。我輩(わがはい)断じてその術(すべ)なきを証す。有害一偏の流行病にても、なおかつその勢(いきおい)には激すべからず。いわんや利害相伴(あいともな)うて常に利益多き文明に於(おい)てをや。ただにこれを防がざるのみならず、つとめてその蔓延を助け、国民をして早くその気風に浴せしむるは智者の事なるべし。

西洋近時(きんじ)の文明が我日本に入りたるは嘉永の開国を発端として、国民ようやくその採(と)るべきを知り、漸次に活発の気風を催(もよ)うしたれども、進歩の道に横わるに古風老大の政府なるものありて、これを如何(いかん)ともすべからず。政府を保存せんか、文明は決して入るべからず。如何となれば近時の文明は日本の旧套(きゅうとう)と両立すべからずして、旧套を脱すれば同時に政府もまた廃滅すべければなり。しからば則(すなわ)ち文明を防(ふせぎ)てその侵入を止めんか、日本国は独立すべからず。如何となれば世界文明の喧嘩繁劇(はんげき)は東洋孤島の独睡を許さゞればなり。

ここに於てか我日本の士人(しじん)は国を重しとし政府を軽しとするの大義に基き、また幸(さいわい)に帝室の神聖尊厳に依頼して、断じて旧政府を倒して新政府を立て、国中(こくちゅう)朝野(ちょうや)の別なく一切万事、西洋近時の文明を採り、独(ひと)り日本の旧套を脱したるのみならず、亜細亜(あじあ)全洲の中に在て新(あらた)に一機軸を出し、主義とする所はただ脱亜の二字に在るのみ。

我日本の国土は亜細亜の東辺に在りといえども、その国民の精神は既(すで)に亜細亜の固陋(ころう)を脱して西洋の文明に移りたり。然(しか)るにここに不幸なるは近隣に国あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う。この二国の人民も古来、亜細亜流の政教風俗に養わるゝこと、我日本国民に異(こと)ならずといえども、その人種の由来を殊(こと)にするか、但しは同様の政教風俗中に居ながらも遺伝教育の旨に同じからざる所のものあるか、日支韓三国相対(あいたい)し、支と韓と相似るの状は支韓の日に於(お)けるよりも近くして、この二国の者共は一身に就(つ)きまた一国に関して改進の道を知らず、交通至便の世の中に文明の事物を聞見(ぶんけん)せざるに非(あら)ざれども、耳目(じもく)の聞見は以(もっ)て心を動かすに足らずして、その古風旧慣に恋々(れんれん)するの情は百千年の古に異ならず、この文明日新の活劇場に教育の事を論ずれば儒教主義と云い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として、その実際に於ては真理原則の知見なきのみか、道徳さえ地を払うて残刻(ざんこく)不廉恥(ふれんち)を極め、なお傲然(ごうぜん)として自省の念なき者の如(ごと)し。

我輩を以てこの二国を視(み)れば、今の文明東漸の風潮に際し、とてもその独立を維持するの道あるべからず。幸にしてその国中に志士の出現して、先(ま)ず国事開進の手始めとして、大にその政府を改革すること我維新の如き大挙を企て、先ず政治を改めて共に人心を一新するが如き活動あらば格別なれども、もしも然(しか)らざるに於ては、今より数年を出(い)でずして亡国と為(な)り、その国土は世界文明諸国の分割に帰すべきこと一点の疑(うたがい)あることなし。如何となれば麻疹に等しき文明開化の流行に遭(あ)いながら、支韓両国はその伝染の天然に背(そむ)き、無理にこれを避けんとして一室内に閉居し、空気の流通を絶て窒塞(ちっそく)するものなればなり。輔車(ほしゃ)唇歯(しんし)とは隣国相(あい)助くるの喩(たとえ)なれども、今の支那、朝鮮は我日本国のために一毫(いちごう)の援助と為らざるのみならず、西洋文明人の眼を以てすれば、三国の地利相接(あいせつ)するが為(ため)に、時に或(あるい)はこれを同一視し、支韓を評するの価を以て我日本に命ずるの意味なきに非(あら)ず。

例えば支那、朝鮮の政府が古風の専制にして法律の恃(たの)むべきものあらざれば、西洋の人は日本もまた無法律の国かと疑い、支那、朝鮮の士人が惑溺(わくでき)深くして科学の何ものたるを知らざれば、西洋の学者は日本もまた陰陽五行の国かと思い、支那人が卑屈にして恥を知らざれば、日本人の義侠(ぎきょう)もこれがためにおおわれ、朝鮮国に人を刑するの惨酷(さんこく)なるあれば、日本人もまた共に無情なるかと推量せらるゝが如(ごと)き、これらの事例を計(かぞう)れば枚挙にいとまあらず。これを喩(たと)えばこの隣軒を並べたる一村一町内の者共が、愚にして無法にして然(し)かも残忍無情なるときは、稀(まれ)にその町村内の一家人が正当の人事に注意するも、他の醜におおわれて埋没するものに異(こと)ならず。その影響の事実に現われて、間接に我外交上の故障を成すことは実に少々ならず、我日本国の一大不幸と云(い)うべし。

されば、今日の謀(はかりごと)を為すに、我国は隣国の開明を待て、共に亜細亜を興(おこ)すの猶予(ゆうよ)あるべからず、むしろ、その伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、その支那、朝鮮に接するの法も、隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、まさに西洋人がこれに接するの風に従て処分すべきのみ。悪友を親しむ者は、共に悪名を免(まぬ)かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。

---------------------------------------------------
福沢諭吉『脱亜論』は支那も含まれるが、今日、民間レベルでの経済を踏まえると、まったく謝絶するのも現実的ではない(しかし心を許してはならない/敵対国家間でも交流は有り得る)。
支那人に日本人以上に嫌われている韓国・北朝鮮は民度が低すぎるので付き合わずとも良いと思うのだが。
posted by salvatore at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | -備忘録-歴史/文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34338924

この記事へのトラックバック